プロペシアによるAGA治療効果

男性にとって若くして発症する薄毛はかなり精神的にも辛いもの。頭髪は外見を決定付ける大きな要素であるため、鏡の中の自分を見つめるたびにストレスが大きく伸し掛かってきたり、あるいは仕事や対人関係の面でもどこか自信喪失したり、引っ込み思案になってしまうケースも少なくありません。しかし薄毛は早い段階で適切な処置を行うことで思いのほか改善することができます。とりわけ男性に多いAGAは治療薬によって大きな効果が得られます。

クリニックでのAGA治療には飲み薬や付け薬が用いられます。その中でも特に重要なのがプロペシアという錠剤です。これにはもともと前立腺肥大症の特効薬の開発中に発見されたとされるフィナステリドという成分が含まれています。

そもそもAGAという病気は男性ホルモンと頭皮にある5アルファリダクターゼと呼ばれる特殊な酵素が反応し合いDHTという物質を生成。これが頭髪の毛乳頭で感知されることによって、成長サイクルが乱れ、健康的な状態であってもすでに成長が終わっているものとして栄養分の吸収を打ち切り、そのまま抜け落ちてしまう体勢に入ってしまうのです。

その点、AGA治療でプロペシアを用いると、フィナステリドという成分が頭皮の酵素の働きを抑え、DHTが生成されるのを抑制してくれます。そのためこれまで頭髪の成長を妨げていた存在がなくなり、成長サイクルの乱れも改善されることになります。

こうしてプロペシアはAGA治療になくてはならない特効薬と呼ばれるわけですが、これにあわせてミノキシジルという塗り薬などを使うと、頭皮に塗ることで毛細血管を拡張させて血流が多くの栄養分を頭髪へと運んでくれるようになります。この効果によってAGA症状はさらに大きく改善され、育毛や発毛が実感できる状態になることでしょう。

ページトップへ